2018年からスタートした神戸市主催「デザイン ・経営一体化事業」で、新和工業株式会社とチームを組ませていただき、新たにCIを策定いたしました。

「デザイン経営」というのは、 経産省や特許庁が「デザイン経営宣言」を行い、 昨今話題となりました。中小企業が経営戦略にデザインの発想・視点を取り入れ、企業の意思決定にデザインの視点をもち、経営戦略の土台を作ることを目標としています。

新和工業株式会社は、松島寛和社長の元、新たな事業を模索しています。そこでまずは、会社のシンボルである「ロゴ」を変えていこうと話し合いました。

それも新たなスタートに相応しいものを。

Graphic Manualを作成し、ロゴタイプのスタンダードや使い方などを記載しました。会社のあらゆる箇所に使われるロゴタイプのルールに従い、コーポレートアイデンティティの統ーをはかり、ブランディングの一助となることを祈ります。