ドメインの売買をやってみた(その1)

とあるクライアントのCI(コーポレートアイデンティティ)などを進めていたところ、会社に適切なドメインを取得していないことに気づいた。そこで色々調べてみたところ、いいドメインが見つかったので、今回はその経緯を書いてみようと思う。

株式会社のほとんどが取得するのが、属性型JPドメインと呼ばれる「.co.jp」。やっぱりちゃんと取得するなら、これだよなぁ〜と思っていたので、まずは検索。
クライアントの社名をアルファベットにすると・・・「●●●●●●」六文字ドメイン。短いドメインは、新たに取得するのは難しい。。。ひとまず検索してみた。

まずは、「●●●●●●.co.jp」 をダイレクトに打ち込んでみた。
「ページが見つかりません」

ドメインの所有者の検索
https://tech-unlimited.com/whois.html

今回調べて注目したのは、
Domain Information: [ドメイン情報]
Contact Information: [担当者情報]の2つ。

ここから誰が所有しているのかがわかるので、会社情報を調べてみた。

すると、所有していたのは、東北地方の会社さんで、ウェブページがない。ドメイン持ってるのに、使ってない?
ふむ、ありがちですね。取得が2012年になっているので、とりあえず取得しておこう!みたいな感じかな。

ということは、コンタクトさえ取れたら、譲ってくれるかも?!
ということで、Contact Information: [担当者情報] にあった会社にメールを送信!

とその前に、、、ドメインの価格っていくらよ? と思ったので、査定額を算出してくれるサイトを発見!

ドメインの査定を行ったのはこちら。
https://jp.godaddy.com/domain-value-appraisal

ここで調べると・・・・●●●ドル。あれ、それくらいなのか・・・・

GUILDの深津さんがnoteのドメインを取得した時の話を聞いていたので、拍子抜けした感じ。
ちなみにnoteのドメイン取得についてはこちら!

https://irnote.com/n/n46b75346e22c
https://irnote.com/n/na4eff77e3fbe
https://irnote.com/n/ne9598c0d4c1d

流石に6digitではなかった。。。

ということで、さらっと新規事業で使いたいので、御使いじゃなかったら譲ってねと送ってみると、返事がない・・・

うーむ、仕方がない。

ということでもう一つの広告会社の情報が載っていたので、そちらに同じくメールしてみると、反応があった。

クライアントに確認してみます。今は使っていないので・・・・とのこと。

おおおおお・・・ラッキーなこともあるもんだ。

ということで待つこと数日。

いいですよーただし、水面下で動いていたので、ドメインの査定額●●●ドル * 2 ちょうだいねー。(もちろんこんな軽い口調ではないが。)

ふむふむ、個人的には、問題ない金額だったのですが、一応。。。。お安くなったりしませんかね?と伺ってみると、お安くしてくれた!!!
値段はご想像にお任せします。。

さて、肝心なのはここから。
続きは次回に!