client:アクアチプレッソ

小学校の同級生である田中氏から直接連絡があり、
設計させていただきました。

一番の特長は、入り口の赤い扉。
誰もが目を引く鮮やかな赤さで、素材に杉を使っています。
その理由は、店名が母方の旧姓で「水杉」ということでしたので、
杉をつかい、おじいさんにも捧げたい気持ちがありました。

また2F壁面には妹さんが描かれたピッツァがあり、
シンプルに仕上げた店内を彩ってくれています。

スケルトンでの引き渡しからのスタートで、
イタリア直輸入の窯が入るかどうか、排煙などの問題など多々ありましたが、一つずつクリアし、
現在はファッション雑誌の取材をうける有名な店舗になっています。