デザインワークショップ

我々は、企業の経営課題にフォーカスした上で、ものづくりやデザインを進めていく手法を取っております。そのため、一般的な形式であるクライアントとデザイナーの上下関係を想定しておらず、「共に走る」関係性でデザインを進めていきます。

2018年に特許庁が推奨した「デザイン経営」で取り上げられているように、これからはクライアント企業でデザインができるようになる必要があります。これはデッサンが上手とか表面的なデザインではなく、本質的な価値を作ることができ、新たな事業やイノベーション創出に役立てることだと考えています。


(1)ブランディング(ビジネス&商品)開発

いわゆるデザイン制作請負ではなく、「Creative Design Thinking」と「System Design Thinking」を基本アプローチとし、潜在している問題を提起したり、ターゲットユーザーの欲求にこたえるための、新しいアイデアやイノベーションを創出します。

本質的な価値を可視化するデザインプロセスと自ら手を動かし作り上げていく、見ているだけでも楽しいですが、頭はフル回転のワークショップです。

これまでのお客様の要望で多いのは・・・

・自社にある技術を使って、何か新しい事業を創り、商品やサービスを広く展開したい!

・こんなアイデアがあるんだけど、どうやって創って市場に出すのかわからない!

必ずしも新規事業、新商品開発である必要はありません。既存商品やサービスの価値を再定義し、リ・ブランディングします。
そして、これらの要望をこれらの手順で課題解決に導きます。

ブランディングデザインの中には、グラフィックデザインやプロダクトデザインなどはもちろん、トータルブランディング(今、こんな商品を持っているんだけど、デザインの力で売れないかな?いわゆるブランドを再構築したい、どうしていいかわからない!そんな方も多いかと思います。)が含まれます。

また成果物として、新規事業開発時のブランディングや既存商品の売り方、魅せ方を価値創造マップなどを用いて、コンセプト戦略、ビジネスモデルマップなど作成し、整理します。これらは、事業課題から発生したデザイン企画時に、社内のコンセンサスをとるのに活用していただけます。

Maclir Beaute(マクリル・ボーテ)の事例


(2)既存プロダクトのUI/UX改善、既存事業の価値の再定義(1->10)

こちらは、今取り組んでいる事業をもっと大きく広めたい、大きくしたい(またはうまくいっていない)と思っている方に、事業としてやっているプロダクトやそのサービスの価値は、どこにあるのか、それが正しい顧客に伝わっているのか、伝え方は間違い無いのか?などをいくつかのシートに整理して、「価値の再定義」を行います。「価値の再定義」を行う事で、・本質的な事業課題はなんなのか?事業や商品の価値、今後の展望がクリアに見えてきます。

既存プロダクトやサービスをUXデザイン視点で見直さないと・・・と思ってらっしゃる方、UI/UXってなに?という方まで、UX目線で自社のプロダクトやサービスを見直しましょう。

経営者からの声で多いのは、

・自分の中で悩んでいた事業の方向性をクリアにできた!

・営業ツールを作り直して、欲しい顧客とスムーズに営業できるようになった!

など、効果を得ています。興味があればぜひ、お問い合わせください。

・サンワカンパニー様の事例(サンプルボックスのブランディングを構築し、UX向上)


(3)新規事業開発(0->1)

新規事業開発のためのUXデザインプロセスを提供しています。調査から企画、開発、成長運用まで「新しい体験価値」を提供する製品・サービスをサポートします。
UX視点でターゲットユーザーの行動や潜在的ニーズを調査・分析したい、新規事業のアイデアを考えたいなど、ゼロからのスタートをサポートをいたします。

Maclir Beaute(マクリル・ボーテ)の事例


(4)【WEB製作会社向け】デザインワークショップ

こちらは「WEB製作会社向け」のワークショップです。WEB製作会社様のクライアントへ同行し、ワークショップを開催。WEBサイトで表現するべき価値を可視化し、ドキュメントにまとめます。

※WEB製作会社と委託契約を行い、実施するワークショップです。

NPS株式会社にて実施

クライアントの参加対象者は、開発担当者、デザイナーはもちろん経営者、役員、営業、広報の方にもご参加いただき、会社のビジョンや取り組みたいこと、未来と現在(抽象と具体)を行き来するような思考プロセスを体験してください。

WEB製作会社でご興味がございましたら、別途お問い合わせください。


中小企業庁ミラサポ専門家派遣もご利用下さい。

中小企業庁ミラサポ専門家派遣事業は、中小企業の経営に関わる各分野の専門家が、課題解決の第一歩に向けたお手伝いをします。派遣による相談は今年度2月末までの間に、原則3回まで無料で受けられます。ただし、専門家派遣が必要であるかどうかは、支援機関の判断となり、確実に専門家派遣でご相談できるるわけではありません。詳しくは、こちらをクリックしていただき、ミラサポのページにてご確認ください。

専門家派遣を希望する場合は、お近くの「よろず支援拠点」や「地域プラットフォーム」へご相談ください。

・中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家

お近くの「よろず支援拠点・地域プラットフォーム」はこちらで検索してください。
https://www.mirasapo.jp/regionplatform/index.html

兵庫県内の企業は、こちらもご活用下さい。
公益財団法人ひょうご産業活性化センター
https://web.hyogo-iic.ne.jp/keiei/keieisenmonka

神戸市内の企業の方はこちらをご覧ください。
https://www.kobe-ipc.or.jp/business/specialist/

お気軽にお問い合わせ下さい。